債務整理、過払いを行い、借金の返済プランを立て直しましょう。

どうにも現在の借金返済計画では返済ができない状況になったら自己破産しか方法が無いのではありません!債務整理では、場合によっては完済への道が開けてきます。

TOP 相続 相続手続き 放棄のための遺産相続手続き

放棄のための遺産相続手続き

きっと遺産相続手続きで多額の金銭を受け取る事ができるだろうと思って期待していたら、実際に自分の知らない所で借金をしていたという事も全くない話ではありません。その様な場合の遺産相続手続きにおいてプラスとマイナスを考えた際に、はるかにマイナスの方が大きい事もあります。

その場合には放棄のための遺産相続手続きが必要になってきます。放棄のための遺産相続手続きは期限が決まっていますので、期限を超えると借金などを返済しないといけなくなります。

放棄のための遺産相続手続きは特に、しっかりと調べておく様にしたいですね。借金などが発見されるという事も、もしかすると稀にあるかもしれません。

大阪で相続の相談をするなら「相続 大阪」で検索。

相続手続きにはどういったものがあるの?

相続手続きと簡単に言いますが実際にはどういった内容の手続きがあるのでしょうか?まず遺言書がある場合には遺言書が最優先されます。問題は遺言書がなかった時です。

この場合には遺産分割協議と呼ばれる協議を行います。もし遺言書があったとしてその内容に納得がいかない場合には遺留分制度を使用します。

実は相続権利を放棄するにも手続きが必要になるのをご存じですか?自分の中では放棄したことになっていても、しっかりとした手続きをしていないのであれば遺産を相続する権利は持ったままになっていますので、もしなにかあった場合には参加しなければなりません。

遺産相続手続きの関連

相続手続きは全て行うことが大切

相続手続きはたくさんの書類を提出したり、手続きに期限があったりととても大変です。心労などが重なり、手続きは遅れがちですが、遅れてしまうと期限内に手続きを完了させることができない場合もあります。

不動産の相続登記などは、期限が定められていない為、放置される方が多く居ますが、後からトラブルに発展する可能性もありますので、手続きを完了させてください。手続きが分からない場合などは、専門家を利用することをおすすめします。全ての相続手続きを期限内に完了させることができるように専門家が順番を決めてくれますので、簡単に完了させることができます。

未成年の相続手続きの場合

もし相続人の中に未成年がいた場合には相続手続きはどのようになるのでしょうか?自分で手続きを進めていかなければならないのでしょうか?その場合には特別代理人を立てることになります。

特別代理人ですが親が通常なるようなイメージがありますが、もし親も相談人になっている場合には代理人になることができません。もし叔父などが相続人でない場合には叔父などが代理になることができます。しかし親族を代理人にするのはさまざまな面で問題が起こりやすいので、できれば避けた方が無難だと言われています。その場合は特別代理人という人を選任しなければいけません。

様々な法律家にお世話になる相続手続き

当然ながら、各法律家においては業務の内容や得意とする内容は異なってきます。相続手続きに関しては様々な要素がありますので、相続の内容に合わせて依頼をする法律家を変える必要があります。

万が一、間違った法律家に依頼をしてしまうと時間がかかってしまったり、余計な費用がかかってしまうようなケースすらあります。そうならないためには、遺産相続を得意にしている法律事務所や弁護士事務所に依頼行うことをお勧めします。

そのような法律事務所や弁護士事務所においては、弁護士だけに限らず、司法書士や行政書士などの法律家が数多く在籍されていますので、さまざまなニーズに応じて、サポートを受けることができるでしょう。

メニュー

債務整理 過払い 過払い請求 自己破産大阪 借金相談大阪 相続手続き 相続

「債務を上手くコントロール」では、自己破産や任意整理、個人再生といった債務整理から過払い請求といった借金相談に関する情報、遺産相続手続きについての情報などをご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちら。具体的な相談については大阪の弁護士事務所やお近くの法律事務所へ。

借金の返済プラン

過払い請求

自己破産について

借金相談について

司法書士について

相続手続きについて