債務整理、過払いを行い、借金の返済プランを立て直しましょう。

どうにも現在の借金返済計画では返済ができない状況になったら自己破産しか方法が無いのではありません!債務整理では、場合によっては完済への道が開けてきます。

借金の返済プランを立て直しましょう。

現在の借金返済計画では、どうしても返済ができない状況になったとしたら、自己破産しか方法が無いのではありません。

他にも方法はあります。諦めずに、返済ができる様に交渉することで、借金を減らし人生設計を立て直しましょう。

債務整理では、個々の状況にもよって違ってはきますが、は完済への道が開けてくるのではないでしょうか。
詳しいことはお近くの弁護士、司法書士にご相談ください。

過払い請求をするためには、まず過払い金の金額がどれくらいなのかを計算することが必要です。そのためには貸金業者から情報を開示してもらうことが必要となるわけですが、そのために1ヶ月から3ヶ月くらいかかる場合があります。

取引履歴を元にして、利息制限法の範囲で利息を計算しなおして、どれだけ払いすぎているのかを計算することになります。

そして、次は返還を請求するために書類が貸金業者に送付されます。その後は、貸金業者との交渉が行われるのです。

きちんとした貸金業者なら返還には応じてくれますが、応じてくれない場合には裁判所に入ってもらって法的な処置を行うことになります。

このときには裁判を行わなければなりませんから、時間がかかることもあるでしょう。半年から一年くらいかかる事もあるようですから、ある程度の覚悟はしておかなければなりません。

返還に応じた場合には、合意書を取り交わすことになります。このときには交渉が行われる場合もあります。法的な処置を講じるためには時間がかかりますから、急いでいるときにはある程度妥協するのも良い方法だといえるでしょう。合意が成立すれば、その後に過払い金を受け取ることができるのです。

債務整理について

債務整理債務整理で債権者と直接話し合う
費用が安い特定調停債務整理は弁護士に相談しよう
複雑な債務整理仕事をしながら債務整理

過払い請求について

消費者金融に過払い請求過払い請求の身分証明
過払い過払い請求時の不安
過払い金返還請求の手続き司法書士に過払い請求すると金額に上限があります

自己破産について

司法書士がサポートしてくれる自己破産信用情報機関と債務整理について
自己破産での司法書士相談は早めに突然必要になった自己破産を司法書士に相談
自己破産大阪複数の借入について自己破産するなら司法書士へ

借金相談について

過払い金請求や借金相談で着手金は必要か借金相談の費用は過払い金でまかないましょう
借金相談大阪借金相談や過払い手続きの司法書士と弁護士の違い
司法書士で滞納金代行借金相談で過払い金を自己破産の費用に充てる事も可能

相続手続きについて

相続手続き認知症の方がいる場合の相続手続き〜遺産相続の方法
相続大阪放棄のための遺産相続手続き
司法書士で相続相続手続きの相談は弁護士、司法書士に

債務整理なら弁護士に相談が必須

早く借金生活から抜け出したい、そういった時は、債務整理をして、無理のない返済額に整理しましょう。債務整理は、主に任意整理、個人再生、自己破産の3つです。任意整理は、弁護士と賃金業者とのやりとりで、利息や返済額を調整、交渉します。

裁判所も介さずにできるので、最も利用者の多い方法です。個人再生は、収入が継続的にあることが条件ですが、裁判所を通じて借金を圧縮し、3年程度で完済可能にする手続きです。自己破産は、裁判所で全ての債務の支払いを免除してもらうものですが、借金は無くなる反面、財産はほぼ全て失ってしまいます。いずれの手続きをとる場合も、まずは弁護士に相談して、自分に合った解決法を見つけましょう。

債務整理によって債権額を減らすことができる

複数の消費者金融から多額の借金をしてしまった場合には返済をするのも大変で、中には返済することが不可能になってしまう人もいます。その場合には債務整理をして債権額を減額してもらうと言う方法がありますが、そのためには手続きがけっこう大変で法律に詳しくないと分からないことが色々あります。

ですからこのままでは借金を返済することができない場合には、債務整理に詳しい弁護士に相談をするのが良いです。そして弁護士に依頼をすれば債務整理の手続きを行ってくれるので、一人で悩まずにどんどん話しを聞いてもらうことが大切です。

過払い金の問題は弁護士に相談で解決を

借金があるかたは、それだけが頭にあり、毎日返済などに追われて心身共に疲れてしまったと言うかたも少なくはありません。しかし、長期借り入れを繰り返していくことで必ず過払い金は発生します。

この過払い請求を行うことによって今ある借金がゼロになったり、場合によってはお金が返ってくることもあります。しかし、過払い金がいくらあるのか素人では計算が難しく、さらには過払い請求はとても難解です。

そのため、近年では弁護士に依頼をされるかたが増えています。相談料が無料のところも多く、更には報酬は返済された額から数パーセント引かれるだけなので、持ち金がなくても解決へと導くことが可能と言えます。

過払い請求は債務整理にあたるか

複数の貸し金業者からお金を借りると、多重債務者といわれます。過払い請求は債務整理にあたらず、返済が終わった借金が対象です。

借金をしていた時に多く利息を払っていた分が返ってくるものですが、請求しない限り返済されません。また長期間放置していると、返済できなくなることもあり注意が必要です。相談は、過払い金の請求問題に実績がある弁護士にすると良いでしょう。

相談料金が無料という弁護士事務所や法律事務所もあるので、うまく利用すると便利です。家族や友人に借金していたことを知られたくない場合もあるでしょう。その場合も、秘密を守ってくれるので安心です。

手続きが簡単な債務整理

債務整理には、任意整理や自己破産などの種類がありますが、自己破産だと会社や家族に知られてしまうこともありますし、ブラックリスト入りしてしまいます。このため、無難な方法としておすすめなのが任意整理です。払えなくなった借金を、弁護士や司法書士に依頼して、カード会社などに利息の減額や返済期間の延長をしてもらうシステムです。

ブラックリストに乗る期間も、5から7年程度で済みます。さまざまな事情で支払いが難しくなり、悩みに悩んでいる方も多いようですが、一日でも早く債務整理相談と手続きをすることで、毎日を少しでも明るく前向きに過ごせるようになるはずです。

債務整理をする際の注意点

借金の返済に困った際に実施する債務整理について、いくつかの注意点があります。まず、どの弁護士に依頼するかが大きなポイントになります。相談を持ちかけるところによっては、成功報酬が高く設定されていて、最終的に高額請求をされてしまう場合もあります。

せっかく債務整理が成功しても、大きくマージンを取られてしまっては、手元に残るお金も少なくなってしまい、その後の生活も苦しくなってしまいます。次に、依頼したい内容に強い弁護士であるかどうかです。依頼をする前にしっかりと確認することで、費用を抑えたり解決までスムーズに進めることが可能になります。

自己破産をする際に司法書士に依頼すべきか

自己破産をしようと決断をした場合において、どのような専門家に依頼すべきか、判断に迷ってしまうケースもあります。自己破産については、裁判所に対して申し立てを行いますので、多くの専門知識が必要になってきます。

また、複雑な書類作成も必要となりますので、円滑に処理を進めたい場合には、法律を専門としている専門家に依頼する事をお勧めします。司法書士においては140万円以内であれば借金相談も可能ですし、裁判所に提出する書類等を作成してもらう事が可能になりますので、一度事務所に相談に行ってみる事をおすすめします。

債務整理を依頼する

消費者金融のキャッシングはいざという時にお金を工面できる便利なサービスですが、返済計画を立てて借りないと、利息の支払いで首が回らなくなってしまうことがあります。そういった場合、法律の専門家である司法書士などに債務整理を依頼することで解決できる場合があります。

債務整理を専門に取り扱っている司法書士事務所はインターネット上にホームページを開設していることが多いので、簡単に見つけることが出来ます。

また、債務整理を依頼する場合に必要となる司法書士報酬についてもホームページに掲示している場合が多いので、依頼前に参考にすることが出来ます。

債務整理による経営破綻

債務整理をするときに過払い請求が行われることがあるのですが、過払い請求が行われれば、貸金業者は利用者に対して返還することが必要となります。

返還することが必要となるわけですが、それによって貸金業者の収益が悪化することは言うまでもありません。債務整理が行われただけでもダメージは大きいのですが、それ以上のダメージがあったと考えられます。

このようなことから経営破綻をした消費者金融も少なくはありません。大手の消費者金が経営破綻したのは記憶に新しいでしょう。経営の体力がしっかりしていると言われていた大手でも破綻するくらいのダメージがあったのです。

個人再生と自己破産を比較する

個人再生と自己破産はどちらも債務整理の方法です。個人再生は2001年4月1日に始まったばかりの比較的新しい制度です。自己破産では借金がゼロになります。ですが一定期間の間弁護士や税理士、保険募集員、警備員他などの一定の職業に就くことができません。

また一定の価値の財産を手放さなければいけません。たとえばマイホームなどです。個人再生では借金はゼロにならず、数分の一に減額されます。その減額された残りを3年間で返済しなければなりません。

しかも住宅ローンは減額されません。だけれど職業の制限はなく、住宅ローン特別条項によりマイホームを残すことができます。またギャンブルなどで発生した借金でも減額することができます。

相続手続きをする上で気をつけたいこと

遺産相続手続きを済ませていく上で気を付けた方がいいことなどはあるのでしょうか?そういった相続手続きは頻繁に行うようなものではありませんので、わからないことがたくさんあるのではないでしょうか。

まずはどういった財産が残っているのかを調べる必要があります。その際に注意しなければならないのが相続手続きをする遺産の中にマイナス遺産が含まれていないのかどうかという点です。

マイナス遺産というのはその名前からもわかる通り、借金やローンなどを指します。つまり不動産が残っていた場合にまだローンが残っている場合にはその物件を相続した人が今後代わりにローンを支払っていく必要があるということになります。

多くの法律家のサポートが必要な相続手続き

法律事務所や弁護士事務所においては、なかなか利用した経験がある人は少ないでしょう。しかしながら、遺産相続のような場においては、多くの相続人が関わってくる内容になりますので、しっかりとした対応が必要とされます。

そうした際に、法律家のサポートが得られるだけで、状況は大きく変わることでしょう。その必要な相続手続きにおいて、適したサポートをしてくださいますので、スムーズに相続手続きを行っていくことも十分に可能でしょう。

遺産の相続に関しては、トラブルやリスクなども考えられますので、不測の事態に備えるべく弁護士などの法律家に依頼する事は当然のことでしょう。

相続手続きは今の時代だからこそ重要

今の時代は不動産なども総じて相続手続きが重要になっています。空き家問題が深刻化している現代では、相続していない空き家をどのように処分するのかも含めて、非常に大変な状態になっています。

空き家の中には、既に壊れているようなものも多数ありますので、相続をしていないことで取り壊しが非常に難航し、代執行という方針を取らないと壊せないような地域も出ています。そうした問題を踏まえて、相続手続きは不動産などを中心に、残されている家族がどのように行っていくのかを決めておきます。不動産次第では、あらゆる部分が変わってしまうと思ってください。

メニュー

債務整理 過払い 過払い請求 自己破産大阪 借金相談大阪 相続手続き 相続

「債務を上手くコントロール」では、自己破産や任意整理、個人再生といった債務整理から過払い請求といった借金相談に関する情報、遺産相続手続きについての情報などをご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちら。具体的な相談については大阪の弁護士事務所やお近くの法律事務所へ。

借金の返済プラン

過払い請求

自己破産について

借金相談について

司法書士について

相続手続きについて